【肩が痛い人必見】僧帽筋を制する者は、痛みを制する

肩が痛い

肩の痛みといえば、整骨院に来る患者様のなかでも3本の指に入るほど多いです。

五十肩や腱板損傷、痛みではないけど肩が凝るなど、症状を出しやすい部位でもあるのです。

そんな肩の問題ですが、実はキーマンとなる筋肉があります。それが今回お話しする僧帽筋という筋肉です。

僧帽筋が使えるかどうかで肩の問題は大きく変化します。

僧帽筋ってなに??

そもそも僧帽筋とは、どこの筋肉を指しているのでしょうか?

僧帽筋(そうぼうきん)は、こんな感じの筋肉です。

首から背中にかけてくっ付いている筋肉で、もろに肩こりを感じる場所ですね!

Wikipediaでは、このように僧帽筋を説明しています。

僧帽筋(そうぼうきん、英語: trapezius)は、人間の背中の一番表層にある筋肉である。

英名は「台形」を意味する語に由来し、首、左右の肩、第十二胸椎がつくる四角形から命名されたものである。和名はカトリック教会の一派であるカプチン会修道士のフードに見立てたことによる。オランダ語のMonnikskapspierと同じ語源である。

(引用元:Wikipedia

背中の1番表面で薄長い筋肉です。名前の由来が、カトリック教会のフードから来ていたのは僕も初めて知りました(笑)

僧帽筋の解剖

僧帽筋の簡単な解剖についてお伝えします!

僧帽筋(trapezius)は、上・中・下に分けることができ、それぞれで始まる場所と終わる場所が違います。

《僧帽筋上部線維》

起始:後頭骨の上項線内側1/3・外後頭隆起・項靭帯

停止:鎖骨外側1/3後縁

作用:肩甲骨の挙上・上方回旋・内転・首の伸展筋としても作用する

《僧帽筋中部線維》

起始:第7頚椎〜第3胸椎棘突起・第7頚椎〜第3胸椎棘上靭帯

停止:肩甲骨の肩甲棘・肩甲骨の肩峰

作用:肩甲骨の挙上・内転

《僧帽筋下部線維》

起始:第4胸椎〜第12胸椎棘突起・第4胸椎〜第12胸椎棘上靭帯

停止:肩甲骨の肩甲棘

作用:肩甲骨の下制・上方回旋

※僧帽筋の上・中・下部線維の神経支配は同じで、副神経と頸神経叢の筋枝になります。

僧帽筋のココが重要!!

では、僧帽筋のなにがそんなに重要なのでしょうか?

それは、僧帽筋が肩甲骨の動きに密接に関わることです!

どういうことかというと、肩の関節は肩甲骨と上腕骨で構成されています(肩甲上腕関節)。

肩を上に挙げる時、まずは上腕骨が先に動きますが、それに伴って肩甲骨も動きます。これが肩甲上腕リズムという現象です(上腕骨:肩甲骨=2:1の割合で動きます)。

この時に、肩甲骨は上方回旋という動きをするのですが、僧帽筋が弱いと上方回旋の力が弱まり、共同筋である前鋸筋という筋肉を過剰に使って行おうとします。

すると、前鋸筋は肩甲骨を外転(外に開く)作用があるので、過剰に使われるとどんどん肩を内巻きにしてきます。

この姿勢になると猫背もひどくなりますし、肩関節の安定性が失われてしまうので、五十肩や腱板損傷などのリスクを上げてしまいます。

僧帽筋は姿勢にも超重要な筋肉??

さらにいうと、僧帽筋は肩の安定性だけではなく、姿勢の安定性にも大きな役割を果たしています。

どうして僧帽筋が姿勢の安定性に大事なのでしょうか?

それは、重心が1つ大きな鍵を握っています!

人間は重力に対抗するために、横から見ると背骨がS字のカーブを描くような構造を取るようになりました。

このおかげで、極力負担の掛らないカラダを手に入れることが出来たのです。

しかし、どうしても避けられないのが老化です。そして老化が1番先に起こるのは、胸椎からであると言われています。

胸椎は本来、上に伸び上がるような形状を取らないといけません。胸椎が曲がると、上半身の重心点が前に倒れていくので、必然的にカラダ全体が曲がってきます。

腰が曲がっているご高齢の方々は、まさに胸椎から曲がり、腰椎、骨盤の順番に曲がってしまっているために、あのような姿勢になってしまっているのです。

で、この胸椎を上に伸ばすのに重要な筋肉が、僧帽筋なのです!

僧帽筋は首から胸椎全域にくっ付く大きな筋肉です。さらに、肩甲骨の動きや安定性に関係しますし、肋骨の可動性にも大きな影響をもたらします。

簡単に言うと、胸椎が上に伸び上がることは、カラダの重心を前に倒れないように防いでいて、僧帽筋はまさにキーマン的存在だ!ということですね(^ ^)

僧帽筋を使えるようにするには??

では、僧帽筋をしっかり使えるようにするには、何をすれば良いのでしょうか??

まずは僧帽筋に刺激を入れるような運動が必要です!

具体的な方法に関しては、HEALTHLAB SPORTSさんのサイトが分かりやすく解説されているので、ご覧になっていただくと良いかと思います(^ ^)

僧帽筋はとっても大事な筋肉ですので、面倒だとは思いますが僧帽筋を使える環境を作っていきましょう!!

頑張ってください!!

濱口

ゆあ整骨院についてもっと知りたい方は下記のサイトもご覧ください♪

ゆあ整骨院HP
接骨ネット
エキテン

ゆあ整骨院 

【電話番号】042‐980‐7041
【住所】埼玉県飯能市仲町14‐11
【営業時間】10時~13時 / 15時~20時
予約優先制 ※水曜日は「完全予約制」
【定休日】火曜、祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする