肩こりからの頭痛や吐き気の原因は?

「肩こりが辛すぎて、頭痛とか吐き気が出るんですけど・・・」

当院に来られている患者さまから、ご相談されました。

肩こりも酷くなり過ぎると、頭痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

この状態になっているということは、一体何が起きているのでしょうか?

肩こりからの頭痛や吐き気の原因は?

そもそも、肩こりから頭痛や吐き気が出る原因って何なのでしょう?

まず考えられることは、肩こりに関係する筋肉の血流が悪くなることが第一の原因になります!

肩こりに関係する筋肉は、代表的なものでいうと僧帽筋(そうぼうきん)という首の後ろ〜背中まで付いている筋肉です。

この筋肉は首を後ろに反ったり、肩甲骨の動きに関係する重要な筋肉です。

この筋肉の血流が悪くなってしまうことで、筋肉への酸素の量が減ってしまい酸欠状態になります。

酸欠状態になると、疲労物質や痛みを引き起こす物質が増えてしまい、それが長期間続いてしまうことで、肩こりが出来上がります。

そして、僧帽筋以外にも肩こりを作ってしまう筋肉は多数あります。特に首回りにある筋肉は、脳に関係する血管がたくさんあるので、それらの筋肉が硬くなると血管も圧迫されます。

すると、肩こりにプラスして頭痛や吐き気などの症状が出るようになってしまいます。

大まかなメカニズムでいうと・・・

首回りの筋肉が硬くなる→筋肉が血管を圧迫して血流が悪くなる→酸欠状態になる→疲労物質などが溜まる→肩こりになる→悪化すると頭痛や吐き気が起こる

という感じになりますね!

どうして首回りの筋肉が硬くなるの??

さっきまで書いていたことは、肩こりになる直接的な原因になります。

しかし1番大事なことは、どうして首回りの筋肉が硬くなるのか?ということです。

理論的に考えれば、首回りの筋肉硬くなければ肩こりは起きないですよね?これはほぼ間違いがないかと思います。

こうやって考えると、首周りの筋肉をしっかりほぐしてもらえば肩こりはなくなるハズですよね?

でも、現実問題いかがでしょう?その場は良いけど、次の日には戻ってしまうことって多くないでしょうか?

ここが肩こりの難しいところで、首回りをほぐすのも大事なのですが、首回りの筋肉が硬くなる理由が分からないと、いわゆるその場しのぎのアプローチになってしまうのです(・_・;

では、一体何が関係してくるのかというと、環境の問題が大きく関係してくるのです!

痛みと環境の問題はかなり深い?

環境とはどういうことかというと、日常生活での過ごし方だと思ってもらって大丈夫です。

例えば、パソコン仕事を毎日8時間やっているとします。

パソコン仕事の姿勢は、

・首が前に出る

・背中全体が丸まる

・肩甲骨が外側に開き続ける

・腕の骨が内側に回旋する

・前腕の骨も内側に回旋する

・手首は常に反っている

・親指が常に外に開いているetc.

パッと思いつく限りでも、これだけの要素が見あたります。

これを施術だけで整えるというのは、現実問題ちょっと厳しい部分があります。

つまり、環境の要因というのは症状を良くするという観点から言うと、無視できない大きな問題になってしまうのです・・・

肩こり予防は、何から始めた方が良いの?

では、肩こりの予防は何から始めた方が良いのでしょうか?

まずは、症状の軽減を狙うために首回りの筋肉を動かす、というのが良いと思います!

(この写真はやり過ぎですけど(笑))

筋肉というのは不思議なもので、使い過ぎても硬くなりますし、使わな過ぎても硬くなります。

ちょうどいいバランスで伸び縮みが出来ているのが良いんですね!

代表的な例で言えば、首肩周りの筋肉をストレッチしたり、ヨーガをしたり、軽い運動をしたり、湯船で温まるというのが今からでも始められる対策ですかね( ^ω^ )

このような感じで、首肩周りの筋肉を伸ばしたり使ったりすることで、筋肉に柔軟性が出てきます。

すると、血流が良くなってくるので首肩周りがガチガチになることも少なくなります。

首肩周りの筋肉が緩んでくれば、肩こりはもちろん、頭痛や吐き気などの症状も軽減してくるとでしょう。

当院でお伝えしている方法もあるのですが、下に貼っている2つのサイトが分かりやすく紹介されているので、良かったら参考にしてみてください(^ ^)

引用元一覧:

1、みんなの介護

2、grape

まとめ

・肩こりや頭痛、吐き気が起こる理由は、首肩周りの筋肉が硬くなってしまうから

・首肩周りが硬くなる理由は、生活習慣などの環境要因も大きい

・まずは首肩周りを緩めることから始める

肩こりで注意しないといけないことがあります。

それが病気が原因で肩こりが起きている場合がある、ということです。

特に心臓の病気などは、肩こりが起こりやすい傾向にありますので、あまりにも症状が辛い場合には一度病院で検査を受けることをお勧めします。

そのほかにも、筋肉を緩めるだけでは改善しないタイプ(肋骨や肩甲骨の可動域制限が原因の場合etc.)もあるので、ご自身での改善が難しいと感じた場合には、お気軽にご相談ください(^ ^)

濱口

p.s. ゆあ整骨院についてもっと知りたい方は下記のサイトもご覧ください♪

ゆあ整骨院HP
接骨ネット
エキテン

ゆあ整骨院 

【電話番号】042‐980‐7041
【住所】埼玉県飯能市仲町14‐11
【営業時間】10時~13時 / 15時~20時
予約優先制 ※水曜日は「完全予約制」
【定休日】火曜、祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする