膝の内側に痛みがある時は、鵞足炎を疑ったほうがいい??

膝の内側が痛い・・・

膝の痛みを訴える方の中でも、内側に発生する痛みは結構多いです。

多くの場合は変形性膝関節症という疾患が多いのですが、実は変形性膝関節症以外にも疑わないといけない疾患があります。

それが鵞足炎(がそくえん)です!

鵞足炎も結構遭遇率の高い疾患であり、ゆあ整骨院でも急増している疾患の1つです。

今回はそんな鵞足炎についてご紹介したいと思います(^ ^)

鵞足炎とは?

そもそも鵞足炎とは何なのでしょう?

鵞足炎とは、スネの骨である脛骨の内側に3つの筋肉の腱が停止する場所があるのですが、この部分で起こる炎症のことを言います。

鵞足を構成する筋肉は3つあって

・縫工筋(ほうこうきん)

・薄筋(はくきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)

この3つの腱が停止する場所が、鳥の足に似ていることから鵞足と呼ばれる様になり、この部分の炎症を鵞足炎という呼び名がつくようになったそうです。

(引用元:NAVERまとめ

鵞足炎の原因は?

では鵞足炎の原因は何なのでしょう?

教科書上では以下のようなことが原因として挙げられています。

・膝の使いすぎ

・過度なスポーツによる腱や滑液包の炎症

・X脚

・足首の捻じれ

・ケガなど

こういったものが原因として挙げられています。

鵞足を構成する筋肉は、基本的に膝の動きに関係する筋肉です。

なので膝を多用するような動き(立ちっぱなし、頻回なスクワット動作など)が多いと、鵞足部分に炎症を起こしてしまい、それが痛みとなってしまうのです。

鵞足炎の症状について

鵞足炎かもしれない・・・

と思った際に、どのような症状が出たら鵞足炎を疑ったら良いのでしょうか?

一般的には、歩いていて膝の内側(上の画像と同じような場所)に痛みが出たり、炎症がひどいと立っているだけでも痛みが出ます。

スポーツを習慣にされていれば、運動のスタート時よりも、動くにつれて徐々に痛みが出てくるなどの症状も鵞足炎の特徴的な症状です。

鵞足炎への対処方法は?

まず鵞足炎かもしれない、もしくは痛みがだんだん酷くなってきた、という場合には医療機関で診てもらうことをお勧めします。

鵞足炎は骨の問題ではないので、レントゲンの検査では写らないのですが、他の疾患がないか?を調べるのは大切なことです。

まずはお医者様に診断していただいて、病態についてご説明を受けるのが良いでしょう。

ご自身で出来ることは、炎症が強い時には痛みのコントロールを目的にアイシングをしたり、痛みが強い場合には湿布を貼ったり、痛み止めを服用することです。

炎症が収まってきたら(ズキズキする痛みが落ち着いた段階)、太ももに関係する筋肉をストレッチしたり、筋肉をマッサージしてあげると良いと思います。

筋肉の柔軟性を確保してあげると、痛みの軽減だけではなく、予防にも繋がりますのでオススメです(^ ^)

自分でケアしても、全く良くならない場合は・・・

こういう場合には、整骨院や治療院に行くことを検討されるのも1つの手だと思います。

お医者様にずっと診てもらうのが本来は良いのですが、お医者様が扱う疾患などは整骨院で手に負えない症状(骨折などのケガ)がメインです。

手術適応の症状だと整骨院ではどうにもならないのですが、それ以外のスポーツ障害や腰痛などの症状では、逆に整骨院や治療院の方が良い場合もあります。

投薬・手術が出来ない代わりに、自分の手で筋肉を緩めたり・関節を矯正するという手段で症状を緩和させないといけません。

鵞足炎は筋肉の停止腱の炎症なので、緊張している筋肉を緩めたり、関節の捻じれを正しい位置に変えることで、症状を緩和させることが出来るのです。

こういった手技療法に関しては、お医者様よりも整骨院や治療院の方が勝る部分が多いので、にっちもさっちもいかない時には、1つの選択肢として考えても良いかもしれませんね!

まとめ

・鵞足炎は縫工筋、薄筋、半腱様筋の停止腱での炎症をいう

・原因は膝の使いすぎ、運動のしすぎ、足首の捻じれなどが挙げられる

・鵞足炎の疑いがある場合には、まず医療機関を受診した方がいい

・自分でケアをしてもダメな場合には、整骨院や治療院に行くのも1つの手である

鵞足炎は意外にも悩まれてる方も多い症状です。

はっきりとコレが原因です!とは言えないですが、足首の関節の捻じれがかなり影響しています。

なので足からしっかりと正していくのが近道なことも多いです。

参考までに、こちらのサイトでは足首のストレッチや、トレーニングを詳しく紹介されています。対象が捻挫に遭われた方ですが、足首を正すという点では参考になる部分が多いので、是非とも参考にしてみてくださいね(^ ^)

濱口

p.s. 気になることやご質問がある方は、無料相談のページからお気軽にご連絡ください!

p.p.s. ご予約は、こちらからお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする