立ち上がる時に膝が痛い!その原因と対処法とは??

立ち上がる時に膝が痛い。

これは臨床的にもよく見られる症状です。ズキンと走るような痛みが膝に出たり、手すりなどがないと立ち上がれないなんてこともありますよね?

こういった立ち上がる時に出る膝の痛みの原因は、一体何なのでしょう?

今回は、立ち上がりの時の膝の痛みについてご紹介したいと思います(^ ^)

膝の痛みは治りが悪いところ?

膝の痛みというのは、とっても厄介な症状です。

僕も学生時代に膝を大ケガしたことがあり、膝の痛みに関しては共有できる部分が多いです。

そんな膝の痛みですが、実は治りが悪い場所でもあったりします。

理由は、膝の関節自体がそもそも物理的な負荷を受けやすいからです。

荷重関節なんて言い方もされますが、立っているだけで体重の2倍以上の負荷が掛かり、階段の上り下りでは約5倍近くの負荷が掛かるとも言われています。

ですので、物理的なストレスを受けやすいため、変形性関節症に移行しやすいのです。

それだけではありません!

実は膝の関節は、いろいろな場所の影響を受けやすい場所でもあるのです。

膝の関節はいろいろな場所の影響を受けやすい?

どういうことかというと、膝の関節は大きな2つの関節の間に位置しています。

・股関節

・足関節(足首の関節)

股関節は人間の関節で1番大きい場所、足関節は人間の重心に最も関係する場所です。

これだけ重要な関節に挟まれている膝の関節は、どうしても両者の影響を受けてしまいます。

足関節が外側に捻れば、それ以降の関節も外側に捻れる。こういうパターンもあれば、股関節の捻れから起こるパターンもあります。

関節自体の捻れが強ければ、関節に掛かるストレスも大きくなるので、それが痛みの原因となることも多いです(関節系の疾患は、回旋力による問題が大きいのです)。

で、こういった関節の捻れが生まれてしまうのは、足関節や股関節(厳密には骨盤)から起こされることが多いのです。

そうなると、膝の関節は巻き込み事故のような感じで連鎖的に影響を受け、痛みを引き起こしているということが想像できますね!

立ち上がりでの膝の痛みに原因になりやすい場所は?

では、肝心な立ち上がりでの痛みの原因になりやすい場所はどこなのでしょうか?

運動学的に考えると、以下のような要因が考えられます。

・足関節背屈の可動域制限

・下腿三頭筋の筋力低下

・股関節屈曲の可動域制限

・大殿筋、大腿四頭筋、ハムストリングスの筋力低下etc.

上に挙げた4つが要因として大きいですね!

そのなかでも、立ち上がりでの膝の痛みと関係が深いのは、足関節背屈(足首を反らす運動)の可動域制限or下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)の筋力低下です。

100%とまではいかなくても、80%以上の確率で絡んでいると言えますね。

つまり、膝から下の問題によって、立ち上がりでの膝の痛みが起きているということです!

膝から下の問題が、立ち上がりの膝の痛みを作っている?

これは具体的に言うと、カラダの重心が関係してきます。

人間は常に重力に逆らって動いています。

重力に逆らうために、地面の反発力(床反力)を使って運動を行っていると言われています。

で、膝の痛みを抱えている方に共通するのは、重心が後ろに行き過ぎている方が多いということです。

重心が後ろに行くと、骨盤は後傾・股関節は外転、外旋位・膝関節は屈曲位・足関節は背屈位という感じになります。

重心が後ろに行くときに見られる一連の変化は、筋肉をほぼ使わない状態になっているので、そもそも全身の筋力低下が進みます。

さらに、この状態では浮き指という状態になり、地面に対して足の指が浮いてしまう現象が起こりやすくなります。

これは最悪で、歩くときの推進力として働く下腿三頭筋が使われないので、踵で踏み切って歩くか、小指に大きく体重が掛かるような歩き方をします。

これが長期的に続いてしまうことで、足が上手く機能せず、立ち上がりの動作で関節に負担の掛かる状態になってしまうのです。

膝が痛い人ほどやってほしい運動とは?

では、これを予防していくにはどうすれば良いのでしょう?

まず、このタイプの方にやってほしいのは、つま先立ちの運動です!

カーフレイズとも言いますが、この運動をすることをオススメします。

理由は簡単で、先ほど書いた下腿三頭筋の筋力を付けると同時に、足関節の可動域を広げることが目的となるからです。

下腿三頭筋がしっかり働くようになると、上で書いたような重心が後ろに行くことも少なくなり、立ち上がる時の膝の痛みは徐々に消えてきます。

1日10回で良いので、ゆっくり上げてゆっくり下ろす、これを意識してやってみると良いと思いますよ(^ ^)

まとめ

・膝関節はそもそも構造的に負荷が掛かりやすい

・膝関節は、股関節や足関節の影響をモロに受ける

・立ち上がりの膝の痛みは、下腿三頭筋や足関節の可動域の悪さが原因となりやすい

・予防策としては、つま先立ちの運動(カーフレイズ)がオススメ

あくまでも1つの考え方として捉えてもらえると良いと思いますが、多かれ少なかれ膝の痛みには足関節が関わってきます。

是非とも出来る範囲で試してみてくださいね(^ ^)

濱口

p.s. 当院の情報をもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする