慢性腰痛

慢性腰痛について

慢性腰痛に悩まされている方はとても多いです。

平成22年に行われた国民生活基礎調査では、男性の有訴者率の中で第1位、女性では第2位だと言われています。

腰痛は発症期間によって急性、亜急性、慢性というふうに分けることができ、発症してから3ヶ月以上を経過したものを慢性腰痛と言います。

腰痛診療ガイドラインでは、腰痛の原因は約85%が原因不明であると言われており、原因がわからない腰痛を非特異的腰痛と言います。

整骨院や整体に通われている方のほとんどが、非特異的腰痛で悩まれているということになります。

慢性腰痛の定義

腰痛は明確な定義がありません。理由は発症している部位や期間によっても異なるからです。

ですが腰痛診療ガイドラインでは、腰痛全体をまとめてこのように定義をしています。

触知可能な最下端の肋骨と殿溝の間の領域に位置する疼痛

一応こういった定義がありますが、かなり曖昧な定義ですね(笑)

慢性腰痛の治療が難しい理由

慢性腰痛の治療が難しい理由は、原因の特定が難しいところにあります。

腰は交感神経の管があり、筋肉や関節などの肉体的ストレス以外にも、精神的なストレスも出るので原因を特定していく作業が難しいのです。

いくら腰周りの筋肉をほぐしてもらっても良くならない理由は、こういった原因の特定が難しいところにあります。

このような症状が出ていたら病院へ

腰痛というのは先ほど書いたように、約85%は原因が分かりません。しかし、残りの約15%は明らかな原因の疾患があって腰痛になっているということになります。

この残りの約15%は民間医療での治療が難しいケースが多いのです。

で、重篤な疾患の合併を疑うべき危険信号(red flags)というものがあって、以下のものがある場合は病院に行かれた方が良いと思います。

・発症年齢<20歳または>55歳

・時間や活動性に関係のない腰痛

・胸部痛

・癌、ステロイド治療、HIV感染の既往

・栄養不良

・体重減少

・広範囲に及ぶ神経症状

・構築性脊柱変形

・発熱

(引用元:腰痛診療ガイドライン2012)

腰痛自体は単純な筋肉や骨の痛みと考えられがちですが、命に関わる重篤な疾患が原因で腰痛を起こしてしまうことも十分あるのです。

ですので、ファーストチョイスとしては病院を選択した方が間違いがないと思います。

病院で診ていただいて問題がなければ、整骨院での治療も可能ですので、その際はお気軽にご相談くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする