ぎっくり腰予備軍に注意!?

「ぎっくり腰が起こりそうな予感がしてます・・・」

開院して2日目ですが、さっそく重症な患者様に来院して頂いております。

そのなかでも、今回ご紹介するのは”ぎっくり腰予備軍”の患者様です!

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰と聞いて何を思い浮かべますか?

・激痛が走る

・痛くて動けない

・何日も寝たきりになる

・くしゃみ、咳でも腰に響くetc.

恐らくこういう感じのイメージだと思います。僕自身もこのような認識ですね!

一応Wikipediaでは、ぎっくり腰についてこんな感じで説明されています。

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう、英: acute low back )は、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。

俗称はぎっくり腰(ぎっくりごし)。地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」(独: Hexenschuss)とも呼ばれている。急性腰痛症と同意語として用いられることがあれば、病院等によっては筋性腰痛症やファセットペイン等に限定して用いられることがある。

急性の筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)のほか、腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん-)、腰椎椎間関節捻挫(ファセットペイン)や仙腸関節性腰痛(せんちょうかんせつせいようつう)などの病態が多いが、稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同様の痛みを発する。発生要因等も様々であるが、主に年齢(ヘルニアは若年性だが筋関係は加齢によって好発)や運動不足(急な運動)などが考えられる。

(引用元:Wikipedia

つまり、ぎっくり腰とは俗称であって病名ではないというこです!

筋肉、椎間板、関節、靭帯などの炎症が原因で起こる痛みを”ぎっくり腰”と呼ばれています。

ぎっくり腰を起こしそうな予備軍タイプの場合・・・

今回見させていただいた患者様は、ぎっくり腰ではないけど、ぎっくり腰になりそうなタイプの患者様でした。

直感で「これはヤバイな・・・」という瞬間ってありませんか?まさにそれが予備軍の状態です。

この時に、一体何が原因となっているのか?というと、骨盤に問題があるケースが多いのです!

骨盤に問題がある!?

もちろん断定は出来ませんが、8〜9割の予備軍の方に当てはまると思います。

骨盤には仙腸関節(せんちょうかんせつ)という関節があります。上図でいうと1と2の境目部分にあたりますが、この仙腸関節の動きの悪さが”ぎっくり腰予備軍”を作っています。

もともと、仙腸関節は動かない関節と言われていましたが、近年研究が進んでおりお医者様の中でも仙腸関節は僅かに動く関節だと言われるようになりました。

仙腸関節は、上半身から伝わる重力や負荷を吸収し、下半身に力を伝える役割を果たしています。

ですが、日常生活での疲労やお仕事習慣などで仙腸関節の可動性が悪くなり、本来の動きが出来なくなってきます。

すると、無意識のうちに無理にカラダを動かすようになるので、仙腸関節が限界を迎えてしまい”ぎっくり腰予備軍”または、ぎっくり腰になってしまうのです。

ぎっくり腰予備軍だと思ったら・・・

この記事を読まれていて、ぎっくり腰予備軍だと思った場合は、生活習慣を改めた方が良いでしょう。

腰自体の負担を軽減するのはもちろんですが、その前段階として

・睡眠

・栄養

・運動

この3つを意識するのが良いかと思います!

睡眠の質が悪ければカラダは回復しませんし、外食ばかりだと内臓に負担が掛かりますし、運動のし過ぎ又はしなさ過ぎもカラダにとっては悪影響です。

これらの根本部分をしっかりと見直し、そこから腰痛自体の問題を取り除いていくのがベストだと思います!

出来ることから始めてみましょう(^ ^)

濱口

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする