健康になるには食事を見直す? 〜基礎編②〜

前回の記事では、栄養学の基礎的な部分について触れました。(前回の記事をご覧になっていない方は、健康になるには食事を見直す? 〜基礎編〜も読んでみてください)

今回も基礎的な内容にはなりますが、健康になるには欠かせない要素になるビタミンミネラルについてお話しします!

是非とも参考にしてみてくださいね(^ ^)

ビタミンとミネラルについて

恐らく学校の家庭科の授業で習った方も多いと思いますが、ビタミンとミネラルについてご紹介します!

それぞれのお話しをする前に、ビタミンとミネラルというのは微量栄養素という言い方をします。

量的には少ないけれど、カラダの機能を向上するには欠かせない栄養素ということです。

前回お話しした三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)をマクロ栄養素といい、そこにビタミンとミネラルを足して五大栄養素(マイクロ栄養素)と言います。

三大栄養素がしっかりと摂れていることが大前提にはなりますが、ビタミンとミネラルもカラダの機能を向上するには絶対に必要な栄養素なので、しっかりと覚えておいてくださいね!

ではここからビタミンとミネラルについて、少し深掘りをして書いていきたいと思います!

ビタミンとは?

ビタミンとは、カラダの中で十分に作れない三大栄養素以外の有機化合物を言います。

人間のカラダに働くビタミンの数は、13種類と言われていて以下のものがビタミンとして認められています。

(脂溶性ビタミン)

・ビタミンA

・ビタミンD

・ビタミンE

・ビタミンK

(水溶性ビタミン)

・ビタミンB1(チアミン)

・ビタミンB2(リボフラビン)

・ビタミンB3(ナイアシン)

・ビタミンB5(パントテン酸)

・ビタミンB6(ピリドキシン)

・ビタミンB7(ビオチン)

・ビタミンB9(葉酸)

・ビタミンB12(メチルコパラミン)

・ビタミンC

ビタミンの機能としては、カラダの中の酵素を活性化させるという機能があります。

簡単に言うと、カラダの中で起こる化学反応をより起こしやすくするということですね!

現代人はビタミンが不足しがちで、ビタミンが不足するとビタミン欠乏症という病気を引き起こします。

一般的に知られているのは、脚気(かっけ)はビタミン欠乏症の代表格ですね(ビタミンB1欠乏症ですが、現代ではほぼなくなった欠乏症です)。

このようにビタミンは、三大栄養素と比べると非常に少ない量ですが、カラダの機能を向上するには必要な栄養素になるのです!

ミネラルとは?

ミネラルとは、一般的に含まれる有機物(炭素・水素・酸素・窒素)以外の必須元素を言います。学校では無機質と習った人も多いかもしれませんが、同じ意味になります。

日本の厚労省は13元素を規則正しく摂りましょう!と定めており、食事でそれを補うように勧められています。

ミネラルは体内で作ることができないので、食べ物からしっかり摂取しないといけない栄養素です。

ミネラルは以下のものが日本では認められています。

・ナトリウム

・カリウム

・マグネシウム

・カルシウム

・リン

・鉄

・銅

・亜鉛

・モリブデン

・クロム

・マンガン

・セレン

・窒素

・ヨウ素

・コバルト

・硫黄

ミネラルはビタミン同様に、カラダの機能を向上させてくれるという他にも、カラダの構成成分にも使われている栄養素です。

たとえばカルシウムは、骨に多く含まれているミネラルですし、血液のなかには鉄が含まれています。このようにミネラルは、カラダの構成成分としても使われているのです!

ミネラルも不足されがちですが、ミネラルもビタミン同様に少なすぎると欠乏症に陥ることもあります。

汗を大量にかくような時期には、摂取が欠かせない栄養素ですね!

ビタミンとミネラル不足の人が急増中?

現代人は食生活が乱れている人が多い為、ビタミンとミネラルが不足しがちの人が多い傾向にあります。

例としてあげると、筋肉をリラックスさせる効果のあるマグネシウム

海藻類やバナナなどに多く含まれていますが、1日の推奨量は270〜370mgと定められています。しかし、成人男性の平均摂取量は1日254mgといわれています。

ビタミンで例をあげると、三大栄養素の代謝に関わるビタミンB1、B2、B6

豚肉や大豆などに多く含まれていますが、1日の推奨量が1.4〜1.6mgと定められています。しかし、成人男性の平均摂取量は1日0.95〜1.15mgといわれています。

あくまでもほんの一例ですが、このようにビタミンやミネラルが不足してしまうと、カラダの疲れが抜けなかったり、風邪をひきやすかったり、貧血になったりなどと、いろいろなトラブルを引き起こしてしまいます。

実際のところ、カラダの不調を根本から正していくとなると、ビタミンやミネラルの十分な補給は必須だと思われます。

ここではそこまで深い話はしませんが、今後はこの栄養素が不足することで起こる弊害についてもいろいろと書いていこうと思います!

きちんとした栄養摂取を心がけられるように頑張りましょう!!

濱口

ゆあ整骨院についてもっと知りたい方は下記のサイトもご覧ください♪

ゆあ整骨院HP
エキテン

ゆあ整骨院 

【電話番号】042‐980‐7041
【住所】埼玉県飯能市仲町14‐11
【営業時間】10時~13時 / 15時~20時
予約優先制 ※水曜日は「完全予約制」
【定休日】火曜、祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする