炭水化物について知っておきたいこと

前回・前々回と栄養についていろいろ書いてきました。

かなり大まかな話でしたが、まずは全体像を知っておくことがとても大事ですので、五大栄養素全般のお話しをさせてもらいました。

今回からは、それぞれの栄養素に絞って記事を書こうと思います!

まず、何かと誤解されがちな”炭水化物”についてです。

この記事を読んでもらえば、炭水化物に対する知識がある程度抑えられるので、健康維持だけでなくダイエットに関しての知識も付くと思います(^ ^)

是非とも参考にしてみてください!!

炭水化物ってなんなの??

炭水化物とは、炭素と水素を含んだ化合物を言います。

難しいように聞こえますが簡単に言うと、「糖分」のことを言います。

果物やお菓子などが甘いのは、炭水化物が入っているからなんですね。

これを読まれている方もご存知の通り、僕たちが普段食べる主食は炭水化物がいっぱい含まれています。

炭水化物は良質なエネルギー源であるとともに、吸収スピードが脂肪やたんぱく質よりも早く、胃腸に掛かる負担も少ないので優秀な栄養素なのです!

そして以前お話ししたように、炭水化物は糖質+食物繊維で構成されています。

先ほど書いたのは糖質で、食物繊維は消化吸収されません。

ここでは糖質に絞って深掘りをしたいと思います!

糖質の種類

一言で糖質といっても実は姿形によって名前が違います。

単糖類二糖類多糖類というカテゴリーで分けることができ、それぞれのグループにもいろいろな種類があります。

(単糖類)

ブドウ糖(グルコース)

→果物や野菜に多く含まれているが、特にブドウに多く含まれていることからブドウ糖と呼ばれています。主に脳や赤血球の主要なエネルギー源になります。

果糖(フルクトース)

→果物やハチミツに多く含まれています。非常に甘みが強いのが特徴的です。果糖は中性脂肪や尿酸を増やす作用がありますので、肥満との関連性が高いといえます。

ガラクトース

→天然の形では存在しない糖分です。主に乳製品に多く含まれています。

マンノース

→マンナンの成分になる糖分です。

(二糖類)

ショ糖

→砂糖のことを言います。天然ではサトウキビに入っていると言われています。

乳糖(ラクトース)

→ガラクトースとブドウ糖が結合すると乳糖になります。母乳や牛乳に含まれています。アジア人は乳糖を分解する酵素が少ないため、牛乳などを飲むとお腹を下してしまうことが多いと言われています。この現象を乳糖不耐症といいます。

麦芽糖(マルトース)

→麦の発芽時に多く生じます。便通を促す作用があるとされている二糖類です。

(多糖類)

デンプン

→種子や球根に多く含まれています。昔懐かしのデンプンのりは、このデンプンです。

イヌリン

→キク科の植物に含まれています。食物繊維として有名です。

セルロース

→植物細胞の細胞壁の主成分です。地球上でもっとも多いとされている多糖類です。

主に今挙げたものが、糖質の種類となります。

よく噛んで食べると消化にいいと言われる理由

昔から学校や親御さんに

「よく噛んでから飲み込みなさいね!」と言われませんでしたか?

これには実は理由があります。それは、唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素が関係しているのです。

栄養素を吸収する時というのは、より細かい分子にする必要があります。そうでないと分子が大きすぎるため、小腸で栄養素を吸収することが出来ないからです。

栄養素を細かく分解するためには酵素が必要になり、1番最初に出る酵素というのは唾液の中にあるアミラーゼになります。

そしてアミラーゼは、糖質を分解する時に使われる消化酵素です。主食と言われる白米はデンプンですので多糖類になります。

多糖類は単糖類がたくさん集まって出来た集合体なので、たくさん噛んで食べることによりアミラーゼが分泌されやすくなり、細かい分子にすることができます。

デンプン→ブドウ糖、という感じで分子は細かくなるので、ご飯を噛み続けると甘みを感じますよね?これはブドウ糖の甘みなのです。

ほぼ丸呑みで食べている人は、十分にアミラーゼが分泌されていないので、消化吸収のサイクルが悪くなりますし、胃腸に掛かる負担も大きいのでしっかり噛むようにしましょう!

目安として言われているのは、1回口の中に食べ物を入れたら30回程度噛むことが推奨されています。

糖質抜きダイエットは実際のところどうなのでしょう?

ダイエットで脚光を浴びている糖質抜きダイエット。

ダイエットに興味のある方は一度は耳にされたことがあるかと思います。

ここではあまり詳しく書きませんが結論から先に言うと・・・

効果はあるけどやり方を間違えると大変なことになる

ということです。

どういうことかというと、厚労省は総エネルギーの50〜70%は摂取したほうがいいと喚起しています。これは食事の半分以上は糖質からエネルギーを取ろう!とも言えます。

糖質制限ダイエットはやり方がさまざまありますが、2014年に発表された糖質制限のメタ解析(論文をまとめて論文を発表する信頼性の高い方法)では、体重減少はそこまで見込めないと書かれていました。その時の糖質からのエネルギー摂取量は45%以下だったそうです。

でも、実際に糖質制限によって中性脂肪が減少したりという論文も幾つか紹介されているので、実際のところはまだ科学的な根拠に乏しいとも言えます。

しかし、糖質を極端に制限することでの弊害があります。それが筋肉量の減少です。

糖質がカラダの中に少ないと、カラダは筋肉の成分であるアミノ酸を使って糖を作り出そうとします。これを糖新生(とうしんせい)と言います。

これが活発になると、筋肉量はどんどん減ってしまい、あまり健康的な痩せ方とは言えない状態になります。

さらに、糖質を過度に制限することでブドウ糖を処理する能力が低下します。

簡単に言うと、糖質制限をやめて大量の糖質を摂るようになると、それが体脂肪に回りやすくなってリバウンドしやすくなるということです!

いろいろ書きましたが、中途半端に実践するとかえって失敗することが多い方法なので、ちゃんと下調べをしてから行うことが1番だと思います。

炭水化物はなくてはならないもの

炭水化物は何度も言うように、人間のカラダにはなくてはならない栄養素です。

いろいろなことを言う方々がいますが、やはり炭水化物なしでは長期的に見て健康的にはなれないでしょう。

炭水化物(特に糖質)では、もっともっと話をしたいのですが、長くなりすぎてしまうので次回以降に回したいと思います(^^;;

少しでも炭水化物の重要性を知ってもらえれば幸いです!

是非とも参考にしてみてくださいね(^ ^)

濱口

ゆあ整骨院についてもっと知りたい方は下記のサイトもご覧ください♪

ゆあ整骨院HP
エキテン

ゆあ整骨院 

【電話番号】042‐980‐7041
【住所】埼玉県飯能市仲町14‐11
【営業時間】10時~13時 / 15時~20時
予約優先制 ※水曜日は「完全予約制」
【定休日】火曜、祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする